広島東洋カープの最新情報&動画ブログの決定版!我らがCARPの最新情報をYoutube動画を中心にお届けします!
2014.07.28 » 3年 前

【朗報】 野村監督「待望の投手が出てきてくれた。鳥肌が立った。」



福井“復活完投

 

 
父にささげる勝利だ。広島福井優也投手(26)が今季2度目の登板で阪神打線を9回1失点に抑え、12年8月4日阪神戦以来、2年ぶりとなる白星を手にした。完投に限ればルーキー時代の11年10月12日横浜戦以来だ。

 

「こんなに簡単に点を取られるのかと思いました。終わったなと。でもあのゲッツーで助かった。菊池がよく捕ってくれた。本当に1人1人、打者だけと勝負するつもりで、テンポの良さを意識して投げた」

 

1回、いきなり上本に二塁打されると鳥谷に適時三塁打を浴び、1失点。しかし1死一、三塁からマートンを二塁併殺に切ると乗った。2回からは安打を許しても要所を抑え、ゼロを並べた。終わってみれば9回完投勝利。今季広島にとっては87試合目で2度目だ。

 

これまで明かしていないが無勝利に終わった昨秋、父・俊治さん(享年54)が急死した。「オヤジが死んでから勝っていなかったから。勝ちたかった…」。この日、つとめて軽く言ったが今季への思いは強かった。

 

しかし今季初登板初先発した5月7日ヤクルト戦は5回6失点で初黒星を喫し、2軍降格。野村監督から「もうチャンスはない」と突き放されていた。

 

「自分でもそう思いました。でもやることはやってきたので…。スタンドの福井コールを聞いて涙が出そうになりました」

 

野村監督はこの日、言った。

 

「待望の投手が出てきてくれた。鳥肌が立った。」

 

指揮官がほめた福井の復活があれば、23年ぶりVの悲願に1歩、近づける。

 

引用元:http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140728-1341729.html 
写真:http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2014/07/28/p1_0007184908.shtml

 

広島は初回に1点を先制されるも2回、會澤が満塁で死球を受け同点に追いつくと、菊池­のタイムリー等でこの回一挙4点を奪い逆転に成功する。投げては先発の福井が9回1失­点の完投で今季初勝利。敗れた阪神は投打ともに精彩を欠いた。(7月27日 広島-阪神 試合ハイライト ※スーパー無し)

 

3年ぶりの完投で今季初勝利の福井、攻守に渡りチームに貢献した菊池のヒーローインタ­ビュー。 (7月27日 広島-阪神 ヒーローインタビュー)




にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。