広島東洋カープの最新情報&動画ブログの決定版!我らがCARPの最新情報をYoutube動画を中心にお届けします!
2014.07.26 » 3年 前

【試合結果 7/25 神4-3広】カープ痛すぎる逆転負け!絶対エース・マエケンで大事な初戦を落とす…



 

◇広島―阪神11回戦(阪神7勝4敗、18時、マツダスタジアム、31218人)

 

阪 神000100210―4
広 島200001000―3

 

▽勝 榎田16試合1勝1敗
▽S 呉昇桓39試合1勝2敗24S
▽敗 河内12試合1敗
▽本塁打 田中6号(ソロ)(藤浪)上本5号(2ラン)(前田)

 

今日勝てば、ゲーム差0.5と縮まるはず・・・だった。カープは絶対エース・マエケン。これまでの実績からしても虎をカモにしていただけに確実に「勝ち」を信じていたカープファンには痛すぎる敗戦となった。まさかの逆転負け。マエケンが2点リードで迎えた七回だった。阪神・上本に2ランを浴びてまさかの同点。八回には中田廉が今成に決勝のタイムリーツーベースを許し万事休す。打線は先制、中押し、と3点を取ったが、最後のダメ押しがでなかった。悔しすぎる1敗である。

 

マエケンはこの日勝てば、5年連続となる2桁10勝目となるはずだった。エースは「一番やってはいけない内容。スライダーが内寄りに抜けた。完全に失投。自分が投げる試合は勝たないといけない。チームに申し訳ない…」と上本選手に打たれた同点ホームランについて語り「きょうは全体的に状態はよくなかった」と試合後、肩を落としていた。

 

悪いなりにも7回まで1失点とこのまま行けるかと思っていた矢先の一発だったが、ここまで抑えていたマエケンを攻めることはできない。「最後の球が一番甘かったね。でも、マエケンは責められない。本人が一番悔しいと思う」と野村監督もエースをかばっていた。これで阪神とのゲーム差が2.5に開いてしまった。

 

それでは、あまり見たくないでしょうが、昨日試合のハイライトです。

どうぞ~~!!

 

阪神が広島戦4連勝。先発・藤浪が6回3失点も勝敗つかず。2人目の榎田が勝利投手。­3人目の福原は史上93人目の500試合登板。4人目・呉昇桓が24セーブ目。4回、­福留のタイムリーで1点を返すと、7回に上本の5号2ランホームランで同点とする。8­回、今成が勝ち越しのタイムリーを放った。広島は連勝がストップ。先発・前田は7回3­失点。 (7月25日 広島-阪神 試合ハイライト ※スーパー無し)

 

まず、今日勝つこと。

今考えるべきことはそれだけです。

 

頑張れ、カープ!!!!

 

※現在、ブログランキングに参加中です。
ぜひ、応援の「ポチ&ポチ」お願いします!

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ   

 

いつも応援してくれるあなた!
本当にありがとう!!
頑張るけんね。

 




にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。