広島東洋カープの最新情報&動画ブログの決定版!我らがCARPの最新情報をYoutube動画を中心にお届けします!
2014.07.06 » 3年 前

【試合結果7/5 ヤ4-3広】 カープ、ミスに泣く!八回裏・會澤の劇的な同点2ラン飛び出すも、守護神ミコライオで初黒星・・・無念!



 

◇広島―ヤクルト10回戦(広島7勝3敗、14時、マツダスタジアム、30745人)

 

ヤクル000200011―4
広 島010000020―3

 

▽勝 岩橋15試合1勝1S
▽S バーネット6試合1敗1S
▽敗 ミコライオ21試合1敗14S
▽本塁打 梵4号(ソロ)(八木)會澤3号(2ラン)(山本哲)

 

カープ負けた~。なんとも後味の悪い負け方だ。流れ的には完全に勝ってくれると思っていた。ミコライオが打たれる前までは・・・。カープは二回、梵の特大ソロホームランで先制。お互い拙攻つづきで点が入りそうではいらない。そのままズルズルと八回まで進みヤクルトに追加点を入れられる。八回裏で3-1で2点のビハインド。この時点ですでに負けを覚悟していた。

 

が、しかし!八回ツーアウトからキャッチャー會澤翼の2ランが飛び出し土壇場で同点!いきおいのまま逆転寸前まで攻めたがあと一本がでず3アウト。ここで野村監督同点ながらも勝負に出て九回表にミコライオを投入。勝利への執念を魅せたがあっさりとヤクルト川端にタイムリーを打たれ4-3。最後はバーネットに3者連続三振を獲られゲームセット。

 

カープの連勝は2で止まってしまった。広島先発のバリントンはここのところ炎上続きだったが、6回を2失点と抑え復調の兆しが見られただけに、昨日の結果はもったいない負けだった。

 

九回に勝ち越しを許し、今季初黒星を喫した抑えのミコライオのことは責めず「投手は打たれることもある。ミスをした方が負けるということ」と野村監督。

 

1点を追う七回にはノーアウト一、二塁の場面で菊池選手が送りバント失敗。八回の守りでは、今村投手が「外せ」の指示をベンチが出していたにもかかわらず、代打飯原にファーストゴロを打たれて追加点を許してしまった。監督は「サインプレーでベンチからの意図が伝わっていない」とめずらしく怒りを露わにしていた。

 

12球団一、ホームランを打つチームとなった広島。しかし、本来の持ち味である緻密な野球を忘れてしまっては「優勝」の2文字はない。

 

※現在、ブログランキングに参加中です。
ぜひ、応援の「ポチ&ポチ」お願いします!

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ   

 

いつも応援してくれるあなた!
本当にありがとう!!
頑張るけんね。

 

それでは、今日の動画と参りましょう!

梵選手&會澤選手のホームランシーンです!どーぞ!!

 

再び好調さを取り戻してきた広島が、この試合も先手。2回、先頭の梵英心がレフトスタ­ンドへ放り込む先制の4号ソロホームランを放った。

 

広島が試合を簡単には諦めない。8回二死から、走者が出ると會澤の3号2ランで同点に­追いついた。

 

この同点ホームランにはしびれたんですがねぇ~。

 

まあ、気持ちを切り替えていきましょう!

今日の先発は野村祐輔投手です。

 

みんなでしっかり応援しましょー!!

 




にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。